シミウス グリチルリチン酸ジカリウム

シミウスの主成分であるグリチルリチン酸ジカリウムについて紹介!

 シミウスを使っていると、シミに効果があるだけでなく、にきびや肌荒れにも効果があると言われています。
 それには、シミウスの主成分である、『グリチルリチン酸ジカリウム』という成分が関係しています。

 

 『グリチルリチン酸ジカリウム』は、抗炎症作用があると言われている成分で、ニキビの炎症を抑える効果があると言われています。
 グリチルリチン酸は、元々は漢方の原料として知られている甘草という根に含まれている成分だそうです。
 漢方では、甘草湯という処方もあり、口内炎やのどの炎症を抑えるために使われている漢方で、甘草の成分には、抗炎症作用があり、昔から、抗炎症剤として用いられてきました。  
グリチルリチン酸にカリウムを化合して、グリチルリチン酸ジカリウムができ、ニキビケアの成分となったわけです。

 

ですので、シミウスの主成分によって、抗炎症作用と抗アレルギー作用があるため、肌のニキビの炎症を抑えたり、アレルギー症状を抑える効果があるわけです。

 

グリチルリチン酸ジカリウムには副作用として、摂取量が1日量40 mgを超えた場合、偽アルドステロン症を発症する可能性があるとされています。
しかし、クリームや美容液などの洗い流さない化粧品に使われる場合には、0.5%までの配合が認めてられるということなので、通常の化粧品ではそこまで配合されることはないため、副作用が出ることはほとんどないと考えていいでしょう。

 

ですので、シミウスはシミだけではなく、ニキビや肌荒れにも有効な化粧品と言えるわけです。
ニキビや肌荒れによって、肌の炎症からくるシミの原因にもなる可能性がありますので、ニキビや肌荒れを治すことはシミの原因を減らすことになりますので、とても大事になってきます。

 

シミウスは、シミケアが主の化粧品ですので、シミをケアするために、マッサージすることをおススメしています。
シミウスの主成分はグリチルリチン酸ジカリウムという成分で、肌の炎症を抑えたり、ニキビに効果があることをお伝えしてきましたが、お肌にニキビがある場合や、肌荒れがひどい場合には、シミをケアするためのマッサージはあまり行わない方がいいです。
どうしても、肌にニキビがあったり、肌荒れが起こっている場合には、マッサージが負担になってしまう可能性がありますので、気を付けましょう。

 

シミウスは主成分であるグリチルリチン酸ジカリウムを配合し、ニキビや肌荒れを治し、炎症からくるシミの原因にも対策している化粧品ですので、気になっている肌の悩みの改善につながりますので、一度試してみるのはいかがでしょうか?

 

>>>シミウスの公式サイトはこちら!

 

ホワイトニング リフトケアジェル

関連ページ

シミウスの効果ってぶっちゃけどうなの?
シミウスの効果が期待できる理由をご紹介します。シミウスの効果が気になる方は是非ご覧ください。
シミウスに配合されているシコンエキスとは?
シミウスに配合されているシコンエキスの効果と注意しておきたい副作用についてご紹介していきます。
コラーゲン・ヒアルロン酸・プラセンタの成分について
シミウスに含まれる、コラーゲン・ヒアルロン酸・プラセンタの3つの美容成分について、ご紹介していきます。気になる方は是非ご覧ください。